自分が「売りたい」と思ったモノで勝負できる会社 。

経営情報学部出身 2017年入社

​営業二部 富山営業所

M・Y 

  - なぜ東邦ゴム工業を選んだのか? 

石川県に本社を置く部品商社でメインの取り扱い商材はゴムや樹脂、金属。

しかし、実はそこに制限は無く、売りたいと思ったモノは全て取引OKという非常に面白い会社でした。 さらにメーカー機能も備えており、国内と海外に量産工場があることから、地元で活躍することで恩返しがしたいと思っていた私にぴったりな会社だったことがきっかけです。

 - 仕事をする上での苦労は?

最初は主に業務の仕事からスタートするのですが、電話応対では聞き慣れない言葉が多く、内容を把握できないまま電話を切ってしまう事が多々ありました。また、仕事に慣れていない事から一つの業務にかける時間が長くなってしまい、そもそも何から取り掛かれば良いのかという優先順位を上手く決められない事もあり、先輩方よりも退勤が遅くなる事も多かったです。

 - やりがいを感じる瞬間は?

自分の関わった商品が実際に作られ、顧客の手に渡った時、小さなやりがいを感じます。 私はまだ見習いなのでこれくらいのやりがいしか実体験で語ることはできません。先輩が一部上場の大企業を顧客として開拓したり、大きい額の取引を成功させたりする姿を見ると、「早く自分も営業に出たい」という気持ちが強くなりますね。

 - 東邦ゴム工業で働くスタッフの良いところは?

当たり前かもしれませんが、分からない事があれば必ず教えてくれます。まだ、入社して2年目なので、分からない事は日々出てきます。自分で考えたり調べたりしても理解できない事は都度質問していますが、先輩方は嫌な顔一つせず、丁寧に答えてくれます。 わざわざ言葉にすると嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、人間関係も良く、とても働きやすい雰囲気です。人間関係が原因で辞めてしまうという話しは良く聞きますが、私はこの点に関して不安に思った事は一度もありません。

 - あなたにとって「+α」とは?

例えば得意先から新規の案件を頂いたときに、「今回の話以外にもなにか御社のお力になれる事はございませんか?」など、その場の話だけで終わらせないようにしたいと考えています。たとえ獲得できなくても、聞く事によって得られる知識や情報などが+αとして身に付くと思います。 その知識や情報が別の得意先とのやり取りで活きてくる可能性もあると思うので、営業として活動していくようになった時はこの+αを意識して日々の仕事に向き合っていきたいです。