​「生涯現役」

経済学部出身 2008年入社

​営業一部 金沢営業所

​H・T​

自分主体で動ける仕事スタイルに惹かれた

 - なぜ東邦ゴム工業を選んだのか?

合同企業説明会で東邦ゴム工業のブースに座っていた先輩社員に手招きされてふらっと席に座った事がこの会社との出会いです。BtoBの石川に本社を置く中小企業、学生の間での知名度はもちろん皆無に等しかったと思うので、もしその先輩社員に手招きされてなければ僕は今この会社にはいなかったでしょうね。

 

席に座って話しを聞いてみると、その先輩の話が色々面白くて、「こんな面白い先輩のいる会社、どんな会社なのか気になるな、、、」興味本位で会社訪問会へ参加しました。そこで3人の先輩営業マンの話を聞かせていただいて、東邦ゴム工業の自分主体で動ける仕事スタイルに惹かれました。

この会社に入りたい!と自分の中で考えが固まったのはこの会社訪問会への参加が一番大きなきっかけだったかもしれません。

 - この仕事をする上での苦労は?

サプライヤー(仕入先)と顧客の板挟みというのは常について回ります。両者の要望を聞き、双方が納得できるように間を取り持つのが私達の重要な仕事でもあります。

若手の頃は、難題にぶつかり右往左往することも少なくないでしょう。重要なのは、そんな時すぐに先輩や上司を頼ることです。誰だって分からないものはいくら考えても分かりませんからね。新人や若手の時に大切なのは、すぐ聞く事・先輩や上司を上手く使う事です。

 - やりがいを感じる瞬間は?

顧客とサプライヤーの成長を手助けできる事にやりがいを感じます。先の質問「この仕事をする上での苦労」で語った[ 板挟み ]は裏を返せばやりがいでもあるんです。間に立つ私達だからこそ、双方に入り込んで一緒に仕事ができる。

これを成長の手助けなんて言うとおこがましいのかもしれませんが、どんな仕事においても常に双方のメリットにつながる提案ができるように考えています。

 - 成長につながった経験は

新人の頃、先輩社員の下に付いていた時の経験ですね。

その先輩社員はとにかく細かくて、常に先の先まで考えて仕事をしている人でした。普段から様々な状況を想定して仕事を進めているので、突発的なトラブルなどが起こったとしても、的確で早急な対応で、顧客からの信頼度もとても高かったように思います。

 

そんな先輩社員を見て仕事を覚えた僕も同じくらい細かく、先の先を考えて仕事をするようになっています。その先輩の下に付いている時はか~なり大変でしたが、この経験があったからこそ受注できた仕事もたくさんあり、会社で何度も表彰をいただいています。もう先輩様様です(笑)。

当時、色々と至らなかった私の面倒を根気よく見てくれた先輩には頭が上がりません。

​「生涯現役」

 - 東邦ゴム工業で目指す自分は?

「生涯現役」です。私は今、係長という役職で担当の顧客を持ちながら後輩や部下の育成・マネジメントも行っています。一般的には役職が上がればどんどん現場からは離れマネージャーへとシフトしていくものですが、私が目指すのは、マネージャーとして営業所のマネジメントもしつつ、プレイヤーとして現場の第一線にも立ち続けるバイタリティ溢れる営業マンです。       

やっぱり営業の醍醐味は目の前で相手の喜ぶ顔が見れる事。

〈ありがとう・助かった〉の言葉が直接聞けることです。

できれば70歳くらいまでは営業としてバリバリやりたいですね(笑)。

 - あなたにとって「+α」とは?

私にとって「+α」とは「驚き」です。 仕事においてのこだわりでもありますが、他社と同じ提案では私がいる意味はないと常に自分に言い聞かせています。他の誰でもない東邦ゴム工業の堀川だからできる提案で顧客を驚かせ、新しい仕事に繋げていくことが自分の使命であると考えています。その為にもやはり、現場主義は譲れません。新しい情報というのは常に現場から生まれますから。

プレイヤーとマネージャーの二足のわらじをいつまで履けるかは分かりませんが、履いていられる限りは続けていきたいと思います。