こんな自由な仕事は中々ない」と惹かれました

経営学部出身 2007年入社

営業一部 金沢営業所

​K・K​

​元々は印刷・広告業会社出身なんです。

 - 入社したきっかけは?

実は私、新卒入社で東邦ゴム工業に入ったわけではないんです。転職組なのですが、元々は印刷・広告業の会社にいました。そこでも仕事は忙しいながらもそれなりに楽しくできていたと思います。

 - なぜ印刷・広告業界から商社へ?

仕事はそれなりに楽しかったのですが、慣れてしまうとあまり変わり映えしない仕事に少しずつ飽きてきてしまって(笑)。飽き性な自分でも続けられる仕事は無いかな~と転職活動を始めました。東邦ゴム工業はゴム・樹脂・金属の3つの商材から顧客に合わせた製品を企画・提案・提供する企業です。しかし、東邦ゴム工業は商社ですから、この3つの商材以外でも営業マンが「売れる・売りたい」と思ったものであれば、自分主体で仕入・販売は可能です。それを販売するターゲット顧客も然りです。こんな自由な仕事は中々ないな、と惹かれました。

  - 東邦ゴム工業の良いと思うところは

営業に関してですが、ノルマがないことだと思います。

一般的に営業にはノルマは付き物です。しかし、東邦ゴム工業は顧客の本当に欲しいものを欲しい時に提案する会社です。営業が目先の数字のために顧客が本当に必要としないモノまで押し売りするような事がないようにノルマ制度の廃止をしています。顧客ファーストの企業なんです。​

- では逆に東邦ゴム工業のこれからの課題は?

東邦ゴム工業の売上高は毎年着実に伸びています。それは顧客が私達を信用してくれているからだと考えています。そうなれば当然、仕事量は売上に比例して大きくなります。仕事量が増えれば業務効率化を考えるのはもちろんですが、どれだけ仕事ができる人でも一人で抱えられる案件・ボリュームには限りがあります。当社も毎年、新卒採用を行い新しい力は増えていますが、人員増加はこれからも会社が大きくなっていくためにはマストだと考えています。若い内から活躍したい、会社を大きくしていく過程に携わりたい、そんな想いを持っている方はぜひ、会社訪問会に足を運んでみてください。まずは気軽に会社見学するくらいの気持ちで十分ですので、みなさんと会える事を楽しみにしています。

​いつでもみんなを笑顔にできる存在でありたい

  - 東邦ゴム工業で目指す自分は?

職場のみんなをいつでも笑顔にできる存在でありたいと思います。忙しいとどうしてもみんなピリッと張り詰めた空気になりがちです。時にはそういう雰囲気も大事ですが、ずーっとそんな空気だとやっぱりしんどいですよね。コミュニケーションも希薄になってしまいます。
僕が話したがりっていうこともあるんですけど、やっぱりみんな笑顔で話しやすい職場の方が楽しいじゃないですか。今はまだまだ表情が硬い場面が多いですけど、自分が今後、そういった雰囲気や環境を変えてやるぞ!って意気込んで、社内ではよく色んな人にちょっかいかけてます(笑)。

 

皆さんが東邦ゴム工業に入社されて僕と同じ職場になったとして、もし硬い表情で一人黙々と仕事をしてたら、僕のちょっかいの餌食になるかもしれません(笑)。

  - 自分にとって「+α」とは?

僕にとって「+α」は「誠実さ」です。

先ほど、職場を笑顔にできる存在でありたいと言いましたが、笑顔や面白さで上手く事が運ぶ程仕事は簡単なものではありません。

顧客の課題解決のために最適な材料で最適な商材を提案・提供するのはもちろんですが、どんな状況でも誠実な対応は欠かしません。

 

例えば、同じ手間で金額の小さい仕事と大きい仕事、大抵の人はどうしても金額の大きい仕事にパワーをかけてしまうと思います。それが間違いだとは言いませんが、仕事を依頼してくれた時点で顧客は同じだけの期待と信用を抱いてくれているんです。もし金額で10万円と1,000万円という大きな違いがあってもです。その期待や信用を理解し、常にフェアな対応をしていく事が、僕の考える誠実さです。とはいえ僕もサラリーマンですから、会社に利益をもたらすことは当然重要です。しかし、この「誠実さ」が僕にとっての譲れない「+α」であり、最も大事にしているこだわりなんです。