開発だからこそ、お客さまや仕入先とのコミュニケーションを大切にする。

材料機能工学科出身

​開発係 2014年入社

山岸 晃大   Yamagishi Koudai

〈開発職に興味があった〉

 - 入社したきっかけは?

大学では工学部で金属、セラミックスなどの材料について学んでおり、開発職に興味がありました。

会社訪問会で若い開発社員の方が活躍されていることや、若手社員の方がとてもフレンドリーに話して下さったのが印象的で、入社を決めました。

 - 入社してから自分自身の変化や成長はありましたか?

開発職に配属されてからは、とにかく先輩に付きっきりで開発業務を学び先輩の指示の下で動いていることが多かったですが、

現在は自分一人で業務を任せてもらえるようになり、自分の考えや判断で仕事を進行できるようになってきた事に変化を感じます。

また、後輩もでき自分が指示をする立場となったことも大きな変化を感じます。​​

​ - 後輩に指示を出すときに気を付けている事はありますか?

後輩に指示を出す時は、指示の背景、目的から説明し、なぜこの作業や検証が必要なのか、この検証でどのようなことが期待できるのかを理解してもらえるように心掛けています。また、後輩に作業を任せた後も順調に進んでいるか、不安な点がないか等、随時状況確認を行い基本的な指示以外は後輩自身が考えて仕事ができるようにしつつ、何かあった時にはすぐにフォローに回れるような体制を目指して接しています。

​出張は良い気分転換です。

 - 設計するだけではない、開発の面白さ

開発​と聞くと、社内に引きこもって設計したり試作したりみたいな印象かもしれませんが、実際に開発担当が東京や大阪、名古屋などに出張しお客様や仕入先と打合せを行うことも頻繁にあります。担当製品について一番知っているのは開発者自身です。

営業ではありませんが、開発だからこそお客様や仕入先とのコミュニケーションは大切だと思います。出張は移動など疲れますが、良い気分転換になり、打合せ後に出張先の有名食を食べたり、家族にお土産を買って帰るのが楽しみだったりします。

 - 自分にとって「+α」とは?

私にとっての+αは「成長」です。

仕事上での成長が自分自身の成長(+α)に繋がり、自分自身の成長がまた、仕事での成長(+α)に繋がります。

休みの日は家族と過ごすことが多いですが、子どもは一緒にいるだけで癒しと元気を与えてくれます。

たまに友人と飲みに行ったりもして、繁忙期でない時期はアフター5も楽しんでいますね。

プライベートを充実させてくれる家族や友人は、仕事に向き合う活気を+αしてくれる大切な存在です。